お金を借りる

MENU

専業主婦もお金を借りることができる?

貸金業法の改正によって一番大きな影響を受けたのは専業主婦の方と言われています。貸金業から借り入れできるのは本人収入がある方のみとなったため、専業主婦の方は消費者金融などからお金を借りることができなくなったのです。しかし、専業主婦の方もお金を借りたいということは多いですよね。生活費などが少し足りない時、ママ友との食事会、冠婚葬祭などお金があったらよいのに、というタイミングは専業主婦にもよく訪れるものです。

 

専業主婦の方も配偶者に安定した収入があれば申し込みができるのが、銀行のカードローンです。銀行カードローンの中には前年度の年収が○○○万円以上と決まっているようなものありますので、これは専業主婦の方は申し込みができません。また、アルバイトや専業主婦の方は申し込みができません、と明記してある銀行お金借りるカードローンもあります。

 

しかし、楽天銀行のカードローンのように専業主婦の方専用のローンを取り扱っている所もありますし、大手メガバンクのカードローンでも専業主婦の方が申し込みできる所もたくさんあります。特に楽天銀行主婦専用カードローンは配偶者の方の収入証明書を提出せずに、申し込みをする専業主婦の方の本人確認書類のみで契約可能になっています。また限度額はカードローンによって様々ですが、配偶者の方の収入に応じて50万円が最高限度額になっているカードローンもあります。

 

専業主婦の方は借り入れできる先は確かに減ってしまったわけですが、銀行カードローンは便利さもアップしており、消費者金融のカードローンと審査時間が変わらないようなものもあります。即日融資ができる銀行カードローンも少なくありませんから、お急ぎの場合も安心して申し込んでいただけます。

 

専業主婦の方も便利なカードローンを選ぶことができます。今すでに口座を持っている銀行のカードローンのスペックを確認してもよいでしょう。また、低金利ローンのランキングなどから選んでもよいでしょう。多彩な銀行カードローンから最も使い勝手が良いものに決めて利用していくとよいですね。

 

 

アルバイトもお金を借りることができる?

お金を借りるということは信用度の表れと表現することができるでしょう。信用されていなければお金を借りることはできませんね。お金を借りやすいと一般に言われているのは、公務員のように勤め先がなくなってしまうという恐れがない方、医者のように高収入であることが認知されている方、といったところでしょうか。

 

もちろん、こういった一部の職業の方だけでなく正社員で働いている方なども借り入れはしやすいという印象があるでしょう。それでは勤務形態がアルバイトならお金を借りることは難しいのでしょうか?信用度という点から考えると勤務期間なども含めて正社員の方に比べると低いと考えてしまいます。しかし、アルバイトの方が申し込めるローンもたくさん見つかりますよ。

 

カードローンのように安定した収入が条件となっている融資なら、その収入の高低に関わりなくきちんと返済できると審査で判断されると借り入れは可能になります。もちろん収入に応じた限度額設定となることは、貸金業者では特に厳守されます。

 

また、カードローンによっては前年度の年収に条件を設けている場合もあります。勤務形態を問わないのならその年収をクリアしていればアルバイトの方も申し込みができます。年収条件があるローンは金利が低い場合や限度額が大きい場合が多く、もしも利用できるなら安心感があると言えるでしょう。

 

ただし、年収に規定のないカードローンであっても安定しているという点を重視することから、アルバイトを初めて間もない時なら審査にまず通らないでしょう。収入が継続するかどうかが分からないからです。アルバイトを始めてから6ヵ月程度経ってからローンに申し込みをしたほうが通りやすいと言われています。

 

勤務日数によってお給料が決まるアルバイトでは、収入が月によって大きく上下する場合もあるでしょう。貸金業者のローンでは年収の3分の1まで借りられることになっています。しかし収入が高い月に基準を合わせて申し込みをすると、低い月には返済が困難になる可能性があります。返済額は余裕を持って決めておき、お給料が多かった場合に随時返済をするようにしたほうが確実に返済を進めていけるでしょう。